読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年度公務員試験受験者体験記

公務員試験受験の経験に基づいて、公務員試験の勉強法やコツ、オススメの参考書を紹介しています

『公務員試験 最初でつまずかない経済学 ミクロ・マクロ編』良著。ただし分量多し。

公務員試験の勉強法 参考書の紹介 経済学
公務員試験 最初でつまずかない経済学 マクロ編

公務員試験 最初でつまずかない経済学 マクロ編

 
公務員試験 最初でつまずかない経済学 ミクロ編

公務員試験 最初でつまずかない経済学 ミクロ編

 

公務員試験に特化した、初学者向けの「経済学」攻略本。見やすいグラフや細かい注釈で、経済学が苦手な人も無理なく学力が身につく!

公務員試験の経済学においては鉄板の良著

結論から言ってしまえば、公務員試験の経済学分野においてこれ以上の本はないと思います(同じくらい良い本もありますが)。

本の構成として教養試験レベル(基礎)と専門試験レベル(応用)が峻別されているので、初学者でも理解し易い流れになっているのと同時に、求められている以上の勉強をすることを防ぐことができます。

また、記述自体も丁寧でわかりやすく、グラフなどの図表も多く用いられてるほか、無味乾燥な色使いでもないため、勉強することが苦痛になりにくいように配慮されています。

私は某公務員試験予備校が発行した経済学のテキストも持っていましたが、正直テキストの質としては明らかにこの本のほうが上です。独学者にとっても予備校生にとってもわかりやすく使いやすい本になっていると思います。

誤字が散見されることと膨大なページ量が欠点

しかし、この本にも欠点はあります。

書籍の発行上ある程度は仕方のないことなのですが、結構致命的な誤字・ミスがそれなりの数存在しています。既に実務教育出版の公式ページ上に正誤表が用意されてはいますが、誤字やミスが無いに越したことはないですよね。ただ、刷の新しいものでは修正されているかもしれません。私のは直っていませんでしたが。

また、丁寧な記述・説明ゆえにどうしてもページ数が多くなってしまっており、2冊合わせると700ページを超える分量があります。よって何度も通読するといったようなやり方には向いていません。

演習用の問題もいくつか収録されていますが、やはり本格的な対策としては十分ではないでしょう。

スー過去経済学と組み合わせて辞書的に活用する

個人的にオススメなのは、スーパー過去問ゼミの「経済学」と組み合わせて本書を辞書的に活用する方法です。

スーパー過去問ゼミ「経済学」自体も解説部分は良質なものですが、わからない・わかりにくい部分は本書も組み合わせて使うことによって、「つまずく」ことを極力防ぐことができるようになると思います。

このような使用方法だと、先に述べた膨大なページ量も欠点にならず、また問題演習と合わせてインプットすることができるため効果的ではないかと思います。 

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 ミクロ経済学

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 ミクロ経済学

 
公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 マクロ経済学

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 マクロ経済学

 
広告を非表示にする