読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年度公務員試験受験者体験記

公務員試験受験の経験に基づいて、公務員試験の勉強法やコツ、オススメの参考書を紹介しています

公務員試験の勉強法 - 労働法の勉強法

労働法の勉強法

労働法の理解は容易 出題される場合は確実に取りたい

労働法は量自体が少なく、また身近な問題でイメージも付きやすく、解釈も難解ではないので非常に勉強しやすい科目です。もし出題される場合は確実に得点したいです。

労働法といっても行政法と同様、「労働法」という名前の法律があるわけではありませんが、いわゆる抽象的な部分は非常に少なく、ある概念に対して判例が常に対応しているような形になっています。またその結論も突飛なもの、技術的なものは少なく、ごくごく一般的な常識でも十分解けるものが多くあります。

労働法を理解しようとするよりも、判例をそのまま覚えてしまう

労働法自体そこまで難解なものではありませんが、労働法自体を理解しようとするよりも、判例の事例をそのまま覚えてしまったほうが点になりやすいです。労働法の問題の選択肢は多くは判例の事例がもとになっているためです。

労働法の具体的な勉強法 - 問題集に収録されている解説を利用して学習

刑法と同様、初学者でもいきなり問題集で大丈夫な科目です。
ただ、解説部分は読み込みながら学習を進める必要があるでしょう。

また、比較的頻出の問題・判例が決まっています。その部分についても意識して学習を進めると、そこまで労力をかけずに得点を見込めるようになります。

労働基準監督官や国家総合職といったような職種を目指している場合はスーパー過去問ゼミは解いておきたいところです。
地方上級レベルであれば「カコモン」でもよいでしょう。

だから「カコモン」で克服!  労働法 (公務員試験・旧:スーパートレーニングプラス)

だから「カコモン」で克服! 労働法 (公務員試験・旧:スーパートレーニングプラス)

 
公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 労働法

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 労働法

 

komuin2016.hatenablog.com

komuin2016.hatenablog.com

komuin2016.hatenablog.com

広告を非表示にする