読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年度公務員試験受験者体験記

公務員試験受験の経験に基づいて、公務員試験の勉強法やコツ、オススメの参考書を紹介しています

公務員試験の勉強法 - 数的処理(数的推理)の勉強法

公務員試験の勉強法 数的推理

数的処理の勉強法

数的処理の勉強はとても辛いが、合否を分ける重要科目

数的処理(数的推理)は結局のところは中学・高校で学んだ数学を使って解くだけなのですが、何故かとても難しいような感じがしてしまう科目です。
ただ、数的処理で得点することができれば、知識科目に割く労力を少なくすることができ、また知識科目と比較すると相対的に安定性もあります。

しかし、苦手な人にとっては勉強するにしてもさっぱりわからないため、勉強そのものが苦痛になってしまい、なかなか続きにくい科目でもあります。

目指す試験種の過去問を必ず分析し、優先度を付けて分野ごとに対策

勉強法としては、まず目指している試験種の過去問を分析してみましょう。
というのも、数的処理と一言で言っても解法で分けると「速さ」「流水算」「確率」「場合の数」「方程式」等様々に分けることができます。そして、試験種によっては毎年出るような分野・全く出ない分野と傾向がはっきりしています。
その傾向を知った上で、頻出の分野から対策をしていきます。

あまり出題されていない分野で苦手なものがあれば、全体で見込める得点次第ですが切ってしまっても良いでしょう。全く出ない分野があれば全く対策しなくてもよいくらいです。もし興味があれば対策しておいてもいいかもしれませんが、その程度です。

数的処理の解き方を身に付けることを意識する

数的処理の解き方としては、「問題を読む」→「問われている解法を見つける」→「解法を当てはめる」→「解く」という流れになります。
したがって大事なのは、問題を読んだときに問われている解法を見分ける力と、解法そのものを覚えることです。

例えるならば鍵のわからない宝箱を開けるようなものです。鍵をたくさん持っていて、宝箱の形状から使えそうな鍵を早く見つけられるようになれば良いわけです。
そうすると、勉強の際もただ問題の解答の正誤をチェックするだけでは十分でないということがわかると思います。

解法を推測しにくい状態で解くことも大事

スーパー過去問ゼミのような問題集は分野毎にまとめて問題が掲載されていますが、この問題集をただ淡々と解いているだけでは、解法を見分ける力が育ちにくいです。この解法が使えるだろうという見当がついてしまいますから。
各種予備校の模試や過去問集等、解法が推測しにくい形で演習を進めることも大事です。

数的処理のオススメの参考書

私は予備校に通って勉強していましたが、解法の玉手箱とスーパー過去問ゼミは購入して演習していました。

初学者・数的処理が苦手な人向け

解法の玉手箱は解説がくどいくらいですが、苦手な人にとっては良い処方箋になると思います。ただ、単元ごとに勉強することには少し不向きで、問題の網羅性にも欠けます。 

数的推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱 改訂第2版 (公務員試験)

数的推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱 改訂第2版 (公務員試験)

 
数的処理に慣れてきた人向け

スーパー過去問ゼミは難易度が上がりますが、問題の網羅性は高く、また各種試験種の分析も丁寧になされています。全部やるのは挫折して無理なので、頻出度の高い分野の部分を繰り返し解いていくという形で使うのがよいと思います。 

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 数的推理

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 数的推理

 

 

正直に言うと、解法が身につかず、また解法を見つけ出す力がついていないうちは、問題演習は苦痛でしかありません。ただ、数的推理を毎日意識して続けていればいつの日か急に解けるようになります。継続は力なりですので、頑張りましょう。

komuin2016.hatenablog.com

komuin2016.hatenablog.com

komuin2016.hatenablog.com

広告を非表示にする